読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日日直~気分屋さんのヴァイオリン日誌~

移り気だけど、大体映画や演劇が好きな転勤族主婦の日記。 メタボな主人と6歳の娘、3歳の息子と暮らしています。今は娘のヴァイオリンに尽力中。

行きつけの仕立て屋さん

家のこと 洋服のこと

ウチの母は、洋服の仕立ての仕事をしています。

自宅の1階を工房にして、オーダーメイドの仕事、着物ドレスなどのリメイクの仕事、裾上げなどのお直しの仕事、洋裁教室などなど。
「洋裁が得意なお母さん」ではなく、ガチの職人です。
 
なので、私自身、普段着のみならず、入園入学のブレザーやピアノの発表会のドレス、リクルートスーツもウェディングドレスも、大抵のものは仕立ててもらったものです。
そしてそれ(服は基本オーダーメイド)が普通の生活をしていました。
 
でも、それってとても贅沢なことですね。
常に自分にぴったり合った、割ときちんとした洋服で生活していたわけですから。
逆に洋服屋さんに行っても、何を買ったらいいのかわからないような人に育ちましたけど。
 
自分が大きくなればなるほど、服を仕立ててもらう機会は減りましたが、私に子どもが生まれたのを機会に、また子どもに色々作ってもらうことが増えてきました。
今は、娘の卒園の服と入学の服を。
譲ってもらったものをお直ししたり、一から仕立てをしたり。
f:id:sanachocolate:20160107074401j:image
娘の頭の中が「??」状態で、仮縫いが進んでいきます。
なんだかくすぐったいんだよね。
f:id:sanachocolate:20160107074420j:image
このブレザーは、私が来ていたものをリメイクしたもの。
娘はすごく細身なので、タイトに仕立て直してもらいました。このあたりは流行もありそうですね。
グレーの無地のスカートでも、チェックのスカートでも、可愛く着れそうなブレザーになりました。