毎日日直~気分屋さんのヴァイオリン日誌~

移り気だけど、大体映画や演劇が好きな転勤族主婦の日記。 メタボな主人と6歳の娘、3歳の息子と暮らしています。今は娘のヴァイオリンに尽力中。

「くるみ割り人形」鑑賞

バレエ「くるみ割り人形」を見てきました。
f:id:sanachocolate:20151224233937j:image
実は昨年の企画も見に行っていました。
子どもたちやその親たちに、気軽にバレエを鑑賞してもらいたいという趣旨だそうで、
今年はくるみ割り人形全幕という休憩を挟んでの長い作品でしたが、未就学児(6歳の娘)でも充分楽しむことができました。

今回はお友達親子とロビーで待ち合わせ。
偶然向こうもこちらも、待ち合わせ時間よりも早く到着してしまい、すごく前の方に座ることが出来ました(自由席)。
前すぎると全体が見えない、など色々お好みはあるでしょうが、指定席の公演の場合、前の方に座りたくても、
大人の事情(主にお金の問題…)でなかなか座れませんから。

結果、とても良かったです!
後ろの方で子どもが退席しても気にならないし、ポワントの音も聞こえてきたりして、娘もすっかり世界に入り込んだようでした。
娘は行く前に絵本で予習(自分で音読)。音楽も聞いて予習。
帰宅後は寝る前に絵本で復習(読み聞かせ)。
また来年も見たいと目を輝かせていました。

いいね!リトルバレリーナいいね!

ちなみに娘の目標は「王子様と踊ること」。
バレエを始めた4歳の頃から変わっていません。
王子様と踊るためには、基本的にお教室で一番上手じゃないといけない
→今のところはクラスで一番じゃないといけない
→一番になるためには家でも柔軟&練習!
…という流れで毎日を過ごしている様子です。
帰宅後、さっそく柔軟していました(分かりやすいね!)

来年には小学校に上がるので、「未就学児入場不可」のコンサートなどにも行けそうですね。
夜公演だったり、料金が高額だったりしてきますが、DVDで見るよりも数倍心に残るものがあるなと改めて思いました。

手持ちのチケットは、年明けのkitara。これも楽しみ。